blog

「乳酸菌生産物質ひなまる」とは

その名のとおり、乳酸菌が生産した代謝物で、乳酸菌が作り出す有効成分の総称です。

 

腸内に棲みついている乳酸菌などの善玉菌が、食べたものを発酵させることによって作り出す成分で、健康を維持するのに必要不可欠なものです。「乳酸菌生成エキス」や「乳酸菌代謝産物」とも呼ばれています。

 

腸内環境を整える方法として、「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「バイオジェニックス」の3つの方法があります。

 

「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」は、腸内フローラを介して生体にはたらきかけます。

 

対して、「バイオジェニックス」は、腸内フローラを介さずとも直接生体に作用し、免疫を刺激してカラダの抵抗カを高めるなどのあらゆる体調調節に関わると言われています。

 

乳酸菌研究において、今注目されているテーマの一つになっており、乳酸菌生産物質ひなまるはこの「バイオジェニックス」に分類されます。

 

「バイオジェニックス」は、1996年に東京大学名誉教授光岡知足先生によって提案された概念で、「摂取したとき、直接免疫機能を高めたり、コレステロールや血圧、血糖値を下げたり、活性酸素を減らしたりすることによって、がんや老化を予防する食品成分」を指します。

 

 

 

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
1 / 11
ページトップ